FC2ブログ

プロフィール

noujirider

Author:noujirider
脳汁出すことで幸せになれる
楽しくなけりゃ人生じゃない
アウトドアやスノーボードを中心に日々の生活を綴ります


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー


最近の記事


BRAIN SOUP HPコンテンツ


脳汁リンク


最近のコメント


月別アーカイブ


Counter


検索フォーム


【 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ 『脳汁クリック』 よろしくっス!!! ↓
e_02.gif  blog_rank-banner_01.gif                

【 伊豆山稜線歩道のリベンジ その1 】

もう1ヶ月も前のことだけど、ゴールデンウィークの山行は伊豆山稜線歩道。
2年前のリベンジだ。
2年前は膝痛で敗退。2日目も辛くて途中で帰ったということだったんだけど、今年はその点を注意したおかげで膝が痛くなることも体力が無くなることもなかった。
しかし結局歩いたコースは前回とほぼ同じ。
前回の記事はこちら→【 伊豆の芝生の道と富士山 その1 】
コースは戸田峠から天城峠までの約35kmほど。
前回は天城山まで登って・・・って思って天城峠で下山、帰宅となったので今回はリベンジということでまた天城山まで行こうとしていたが、今回もまた結果的に同じ行程の天城峠で下山となった。
今回は膝が痛くなることは無かったけど、1日目の行程でとても満足してしまい、眺望が良くない(と言われる)天城山に登る気分にはなれなかった。
2回来て登れないんだから次に行くのは最低でも数年後でしょう。

まず修善寺駅に向かう。ここから戸田峠までのバスが出ている。
しかしバスの本数がとても少なく9時過ぎのバスに乗るためには家を始発に出てさらに新幹線にも乗らなければいけない。
鈍行で行くとその次の11時台のバスになってしまい、そこまで遅くなると全然歩けなくなってしまう。
というわけで、お金を払って新幹線に乗って旅行気分ででかけた。

DSC_0042.jpg
三島から修善寺までは伊豆箱根鉄道に乗る。
こんなかわいい電車だったり、古いJRの車両(踊り子号とか!)があったりしてなかなか楽しい。

問題はバスをどこで降りるかだったが、前回はだるま山高原レストハウス。ここで水を調達して戸田峠まで歩いた。
今回は目的地までの時間が多少不安だったので修善寺駅で水を調達してバスは戸田峠まで行くことにした。
修善寺駅のホームには昔ながらの水道があって水を汲むのに良かった。

戸田峠まで進むと、ひとつ心残りなのはこの芝生のきれいな道を逃すこと。
IMG_5038.jpg

IMG_5045_20160508103013c8e.jpg
2年前の記事より

しかし今回はリベンジなのできちんと歩くことが目的の一つでもあり、戸田峠まで行くことにした。
戸田峠からでも芝生の道はあり、気持ちがいいことには変わりない。
目指すは達磨山。

IMG_9777_20180610102033dca.jpg
歩き始めて15分くらいの場所。
芝生の道と富士山がとてもきれい。

IMG_9790.jpg
しばらくすると小達磨山に到着。
ここから見る達磨山が非常にきれい。

わかりにくいかもしれないけど、この達磨山は直登の階段地獄。思ったよりも長い階段が続く。
ここで前回は足をやられた(かなり疲れてしまった)のでなるべく負担をかけずに慎重に登っていく。

IMG_9794_20180610102036920.jpg
山頂付近からはこの富士山が!
この景色を見に来たんた!(高い運賃払って)
前回と同様きちんときれいな富士山がお目見えしてくれた。天気に恵まれて本当に良かった。

IMG_9799.jpg
達磨山に登頂。
人気があるみたいで10人ほどが休んでいた。

IMG_9806.jpg
自分はというと前回同様ここでは休まず先へ進むことにした。
山頂はあまり広くないし疲れてないのでここは休む場所って感じがしない。

達磨山から土肥峠(船原峠)までは車道が多い。このルートではここが一番かったるいかもしれないな。
なんだかんだ1時間くらい歩くしね。

IMG_9809.jpg

IMG_9814.jpg
しかし達磨山を過ぎたすぐあたりはこんな景色が見られる。
並行する西伊豆スカイラインはたくさんのバイクが走っていた。とても気持ちが良さそうな道だからいつか自分もバイクで走りたいなーと思った。

IMG_9826.jpg
しばらくはこんな笹原の道だが、すぐに車道に出ることになる

船原峠までの間にこのルート唯一の湧き水が流れていた。
道路脇の崖の上から幅30mくらいに渡って水が流れていた。まあそのまあm飲むことは難しそうな感じだけど、手や顔を洗うくらいならいいかもしれない。浄水器があれば非常用としては使えそう。
水は生温かったけどね。

IMG_9840.jpg
船原峠の先では車道じゃなくなるんだけど、特に興味が無かったのでここは車道でショートカットしようかなと考えて、トンネルを歩いてみた。
最初は車もいなくてとても静かで涼しく快適に歩けていたが、いざバイクや車が通るとものすごい爆音で耳が壊れるかと思ったわ。

トンネルによって棚場山をスルーできたが、車道もつまらんので早々にハイキング道へ戻った。

IMG_9843.jpg
やっぱり車道より山道のほうがいいな。静かだし。

途中南無妙峠で少し休憩し、どんどん歩いていく。
前回はこのあたりで膝が痛くなり始めたが、今回はまったく問題がない。
水は4リットルも持っているが、それ以外の荷物を極力減らしてきたから膝に負担がかからずに歩けていると思う。

IMG_9855.jpg

IMG_9868.jpg
海が近いからなのかこのあたりの木は曲がりくねっているものが多い。

IMG_9853.jpg

IMG_9857.jpg
色とりどりの花や葉も気分を盛り上げてくれる感じ。
でもだんだんと曇ってきた

IMG_9870.jpg

IMG_9873.jpg

IMG_9879.jpg
前回同様この時期はタブノキの若葉が色づいて山を覆っている。
晴れてたらもっと鮮やかなんだけどねー。

IMG_9886.jpg
ようやく魂の山に登頂。
ここは前回は膝痛によって車道を通ってしまったのでスルーした場所。
来ることができてよかった。
この魂の山(こんのやま)はタブノキに覆われている山でした。

IMG_9887.jpg
山頂は狭いっす。

IMG_9897.jpg
途中、遠くの方に高い山があって「なんて山だろうなあ」なんて思ってたら、さっき通った達磨山だった!
けっこう歩いたなぁ
天気は曇ってきて、陽もずいぶん落ちてきた。

このあと登り返しがあって(魂の山と同じくらいの高さの名もなき山)、ひりひい言いながら目的地の宇久須峠に到着したのは15時18分。
歩いた時間はたかだか5時間半くらいだった。もっと長い気がしたがこんなもんか。。

IMG_9909.jpg
宇久須峠に到着!!

IMG_9912.jpg
だれもいないので東屋の横にテントを張った。

IMG_9913.jpg
いい感じの場所です。
風の通り道みたいで、風が強かったけど山頂などよりはマシだろう。

軽くご飯を食べて早々に眠ってしまった。。。

つづく
関連記事
↓ 『脳汁クリック』 よろしくっス!!! ↓
e_02.gif  blog_rank-banner_01.gif                

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://noujiru900.blog46.fc2.com/tb.php/1226-fd93ac27

 | BLOG TOP | 


QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。